このページに関する
お問い合わせは

総務課庶務係
TEL:0265-86-3111
<内線211,212,213,214>
FAX:0265-86-4395

ふたつのアルプスが見える 人と緑輝く ふれあいのまち 飯島町

 

飯島町は、西に中央アルプス、東に南アルプスの『ふたつのアルプスが見えるまち』で、その眺望は伊那谷随一です。近年は、四季の移ろいを色濃く感じながら暮らすことのできる「理想の移住スポット」として注目されています。

また、江戸時代には、主に信州伊那谷の天領を治めた飯島陣屋が置かれ、続く明治時代には信州で初の県となる伊那県庁に引き継がれるなど、長年にわたり政治・経済の中心として栄えてきた歴史もあります。

一方、河岸段丘に広がる肥沃な地では、良質で豊富な水と気温の日較差を生かした農業が盛んで、米を中心に花やくだもの、きのこなど、ありとあらゆるものが生産されるほか、商工業では製造業を軸に食品関連産業の進出が目覚ましく、地元農産物を使った栗菓子や酢といった特産品が開発されるなど、6次産業化が進められています。

この自然環境を生かし、ルネサンス~再生・復活~を掲げ、一つ目に「風通しのいい行政」へのチャレンジとして、行政サービスの質の向上、子育て支援、衣食住環境整備、インフラ整備の強化に加え新しいまちづくりで「豊かな町」への魅力向上に努めます。二つ目に「儲かる飯島町」へのチャレンジとして、観光産業の構築等を進めます。三つ目に「田舎暮らしランキング日本一」へのチャレンジとして、移住・定住促進、都市・農村交流の促進と情報発信の強化により「飯島ファンづくり」に努めます。

この3本柱を重点に、安心して暮らせる豊かな町づくりを進めて参ります。

 

 

平成29年4月

飯島町長 下 平 洋 一

プロフィール

下平 洋一(しもだいら よういち)

 昭和26年 4月19日生

 昭和48年 3月 日本大学商学部 卒業

 趣味:写真、乗馬

職歴

昭和63年 4月 株式会社 若丸(食肉加工)代表取締役 就任

平成 元年 1月 駒ヶ根青年会議所 理事長 就任

平成 元年12月 駒ヶ根青年会議所 理事長 退任

平成 7年 4月 WAKAMARU MONGORIA CO.LTD 社長 就任

平成 8年 7月 上伊那特産品開発研究会 会長 就任

平成16年 3月 上伊那特産品開発研究会 会長 退任

平成20年 7月 NPO法人 伊那里イーラ(まちづくり)理事長 就任

平成24年 3月 WAKAMARU MONGORIA CO.LTD 社長 退任

平成27年11月 株式会社 若丸 代表取締役 退任

平成27年11月 飯島町長 就任

平成29年度施政方針

飯島町をはじめとする伊那谷地域・伊那バレーは、近い将来、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通により、都市との距離が飛躍的に縮まり、大きく様相を変えてくることが見込まれています。

そうした時代的背景に伴う劇的な変化、日本の中心としてポジション化することを見越して、平成29年度予算におきましては、後期基本計画の2年目・現町政の第2ステージと位置付け、引き続き民間からの風と行政からの風を融合し、町の将来像「人と緑輝くふれあいのまち」を目指して、次の3本柱を基本に行財政運営を進めてまいります。

 

◆風通しのいい行政へのチャレンジ

町役場は町民の皆様にとって身近な存在であるとともに、日々の暮らしの基盤を担う存在でもあります。町民の皆様の様々なニーズに応えるために、円滑な行政サービスにより、恒常的かつ安定的な行政運営に努めてまいります。

特に、教育・保育・保健・福祉・医療の連携を強化し、妊娠期から思春期までの切れ目のない子ども・子育て支援施策「飯島版ネウボラ+」の展開、「地域包括ケアシステム」の充実、町内医師の確保に向けた取り組みと医療体制の充実のほか、インフラ資産の長寿命化を中心とした社会資本整備や消防・防災・救急体制の充実、交通安全や防犯対策の推進により、安全で安心して暮らすことができるまちづくりを進めてまいります。

 

◆儲かる飯島町へのチャレンジ

昨年実施した、飯島町発足60周年「いいじま大博覧会」などの経験を生かし、元気のある町づくりを目指して、従前から取り組んでいる6次産業化に体験観光分野等も含めた十次産業化の推進を図るとともに、それぞれの産業へ従事される皆さんの取り組みに対し、支援をするために諸施策を講じ、活力と潤いのあるまちづくりを進めてまいります。

併せて、情報発信の強化と魅力向上を目指して、昨年発足した「飯島町営業部」を軸に、アウトドア構想の具現化やインターネット販売を通じた飯島ブランドづくりなど、様々な活動を積極的に進めてまいります。

 

◆田舎暮らしランキング日本一へのチャンレンジ

人口の自然減が進む中、人口の社会増を目指して定住促進を推進し、交流人口の増加、滞在人口の増加、さらには定住人口の増加につなげてまいります。

定住促進室を中心に、住まいの支援や仕事の支援の充実を図るとともに、民間企業や民間団体等とも連携を強化し、移住希望者に支持される飯島町を目指すとともに、町全体での受け入れ体制の充実にも努めてまいります。また、都市と農村との交流につきましても、従前からの取り組みに加え、都市部企業へのアプローチを含めた新たな関係構築にもチャレンジしてまいります。

 

平成29年度施政方針はこちらをご覧ください

副町長の紹介

飯島副町長 唐澤隆

唐澤 隆(からさわ たかし)

職歴

昭和32年 3月 3日生

 

昭和54年 4月 1日 飯島町役場就職 農政課

昭和59年 4月 1日 税務課

昭和62年 4月 1日 厚生課

平成 4年 4月 1日 総務課・選挙管理員会出向

平成 9年 4月 1日 産業振興課

平成14年 4月 1日 教育委員会

平成15年 4月 1日 教育委員会 社会教育係長

平成18年 4月 1日 教育委員会 生涯学習専門幹

平成19年 4月 1日 教育委員会 生涯学習係長

平成21年 4月 1日 総務課 庶務係長

平成24年 4月 1日 産業振興課長

平成27年12月21日 退職

 

平成27年12月22日 副町長就任

【飯島町役場】

〒399-3797長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地(法人番号 6000020203840)

TEL:0265-86-3111(代)FAX:0265-86-4395 e-mail:soumu@town.iijima.lg.jp

開庁日:月曜日から金曜日(祝日・休日・12月29日~1月3日を除く)

開庁時間:8時30分から17時15分