福祉

ひとり親支援

◆児童扶養手当

父母の離婚などで、父又は母と生計を同じにしていない児童を養育している家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を支援し、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

 

◆児童扶養手当を受給できる方

日本国内に住所があり、父又は母と生計を同じにしていない児童(18歳になった年度の3月31日までにある方、又は心身に一定以上の障害がある20歳未満の方)を扶養している父、母又は父母に代わって児童を養育している方に支給されます。

 

◆手当の額

受給資格者が監護、養育する児童の人数や受給資格者の所得などにより決められます。

児童一人の場合

全額支給…41,430円

一部支給…41,420円〜9,780円

児童二人目の加算額

5,000円

児童三人目以降の加算額

一人につき…3,000円

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉課地域福祉係
TEL:0265-86-3111
<内線175,177>
FAX:0265-86-2225

◆支払時期

4月、8月、12月に、それぞれ前月分までが支給されます。

 

◆認定請求

新たに受給資格が生じたときは、「認定請求」を行います。

次の書類を持参のうえ、住民福祉課福祉係で手続きをお願いします。

  • 請求者と対象児童の戸籍謄本(外国人の方は登録済証明書)
  • 請求書と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
  • 手当を振り込む口座の分かる書類 預金通帳など
  • その他の書類をお願いするときは、説明をいたします。

手当受給中に対象となる児童に異動があるときは、手当の額が改定されますので手続をお願いします。

 

◆現況届

児童扶養手当の支給要件を満たしているか確認させていただくために、毎年8月1日から8月31日の間に「現況届」を提出していただきます。

「現況届」を提出していただけないと、8月以降の手当が受けられなくなります。

2年間「現況届」の提出をしていただけないと受給資格がなくなります。受給されている方は注意してください。

 

◆支給制限

手当を受ける方や扶養義務者などの前の年の所得が法令に定められた限度額以上ある場合は、手当の全部又は一部が支給停止(停止の期間は8月から翌年の7月まで)になります。

 

◆届出の内容が変わったとき

次のようなときは、届出が必要になります。

  1. 受給資格がなくなったとき
  2. 扶養義務者と同居又は別居したとき
  3. 所得の更正や修正申告等により手当の額が変更になるとき
  4. 受給者が死亡したとき
  5. 氏名、住所、口座番号を変更しようとするとき
  6. 手当証書を無くしたときや破損したり汚したとき

 

◆お願い

手当を支給されている方で、支給開始月から5年経過した場合は、「児童扶養手当一部支給停止適用除外事由届出書」の提出が必要になります。

書類の提出がない場合は、手当の2分の1が減額されます。

該当される方は、必ず手続をしてください。

 

児童扶養手当について、詳しくは健康福祉課地域福祉係又は伊那保健福祉事務所福祉課までお問い合わせください。

児童扶養手当法はこちらをご覧ください

児童扶養手当給付事業(長野県)はこちらをご覧ください

 

母子家庭等福祉金

18歳未満の児童を扶養しているひとり親の方の福祉の増進を図ることを目的に支給される福祉金です。

 

◆福祉金の支給対象者

飯島町に住所があり、18歳未満の児童を扶養されているひとり親の方

  • ひとり親とは、離婚等により、配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含みます。)のいない方をいいます。

 

◆福祉金の額

公的年金受給者 5,400円

その他     6,000円

 

◆支払いの時期

毎年9月中に支払われます。

飯島町福祉金給付条例はこちらをご覧ください

 

◆飯島町ひとり親家庭高等学校等生徒通学費給付金

ひとり親家庭の高校生の通学費の一部を給付する制度です。

 

◆給付の対象

飯島町に住所があり、18歳未満の児童を扶養されているひとり親で、町税などの義務的納金に滞納のない方

 

◆給付金の額

自宅から学校までの通常通学路の距離によります。

  1. 5キロメートル以内  …年額 10,000円
  2. 5キロメートルを超える…年額 20,000円

 

年度途中で給付の対象となる場合は、月割り額となります。

児童扶養手当法に規定する支給制限を受けているときは、全額又は一部停止があります。

 

◆給付の時期

毎年3月末日

 

◆給付の申請

給付の対象となったときは、「申請」を行ないます。

申請書に高等学校校が発行する在学証明書を添えて、健康福祉課地域福祉係で手続きをお願いします。

飯島町ひとり親家庭高等学校等生徒通学費給付金交付要綱はこちらをご覧ください

 

◆母子家庭等日常生活支援員派遣事業

ひとり親家庭の自立を支援し、生活の安定を図ることを目的に「日常生活支援員」を派遣します。

 

◆対象となる家庭

次のような事情により、一時的に生活援助や保育サービスが必要であったり、生活環境の激変により日常生活を営むのに大きな支障があるひとり親家庭

  1. 職業訓練のための通学や就職活動等
  2. 病気、看護、事故、罹災
  3. 冠婚葬祭
  4. 学校などの公的行事への参加
  5. 社会通念上必要と認められる事柄

日常生活支援員の身体に危害を及ぼす恐れのある行為や1から5までに該当しない行為の強要があるときは、派遣が中止されます。

 

◆支援の内容

生活援助は、家事、介護その他日常生活の援助を、対象家庭の自宅で行います。

子育て支援は、保育サービスを生活支援員の自宅、職業訓練を受けている場所、子育て支援センターなどひとり親の方が利用しやすい場所で行います。

 

◆日常生活支援員

日常生活支援員は、次の要件を備えた方から選定されます。

  1. 生活援助は、訪問介護員3級以上の資格を持っている方
  2. 子育て支援は、町長が定める一定の研修を終了された方

 

◆派遣要請

必要とする日の7日前(緊急の場合は事後の要請ができます。)までに住民福祉課福祉係まで要請をお願いします。

この制度は、派遣が必要なひとり親家庭の近隣の方からも要請することができます。

 

◆利用者負担

利用されるひとり親家庭の所得の状況により次の表金額をご負担いただきます。

飯島町母子家庭等日常生活支援員派遣事業実施要綱はこちらをご覧ください

ひとり親家庭日常生活支援事業(長野県)はこちらをご覧ください

【飯島町役場】

〒399-3797長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地(法人番号 6000020203840)

TEL:0265-86-3111(代)FAX:0265-86-4395 e-mail:soumu@town.iijima.lg.jp

開庁日:月曜日から金曜日(祝日・休日・12月29日~1月3日を除く)

開庁時間:8時30分から17時15分