保健医療

結核対策

結核は結核菌によっておこり、人から人にうつる慢性感染症です。過去の病気ではありません。

結核は治療可能な病気ですが昔に比べ減ったものの、依然として日本最大の感染症です。

結核対策として「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第53条の2の規定により、事業者、学校長などの施設の長や市町村長は定期の結核健康診断を行うこととされています。

 

◆定期の健康診断

飯島町に住所のある方で、職場や医療機関、人間ドッグなどで結核健康診査を受けられない65歳以上の方を対象に、年6回定期健診を行います。対象になる方には受診券を送付します。近くの場所でレントゲン間接撮影を受けましょう。

 

◆撮影時の服装

金具、磁石、プラスチック、金糸などの模様のついた服装は、撮影の支障になります。装飾のない服装でお出かけください。

 

◆検査結果

撮影後1ヵ月後くらいに結果が出ますが、異常のある方にのみ連絡をします。

 

◆適切な治療を受ければ、結核は治る病気です

結核の初期症状は風邪に似ています。咳やタンが2週間以上続いたら結核を疑い、早めに医療機関を受診しましょう。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉課保健医療係
TEL:0265-86-3111
<内線171,172,173,174>
FAX:0265-86-2225

【飯島町役場】

〒399-3797長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地(法人番号 6000020203840)

TEL:0265-86-3111(代)FAX:0265-86-4395 e-mail:soumu@town.iijima.lg.jp

開庁日:月曜日から金曜日(祝日・休日・12月29日~1月3日を除く)

開庁時間:8時30分から17時15分