この記事に関する
お問い合わせは

子育て支援センター
TEL:0265-86-8131
FAX:0265-86-8132

ここまでの記事に関する
お問い合わせは

教育委員会こども室
TEL:0265-86-3111
<内線636,637,651>
FAX:0265-86-5596

この記事に関する
お問い合わせは

健康福祉課保健医療係
TEL:0265-86-3111
<内線189,199>
FAX:0265-86-2225

ここまでの記事に関する
お問い合わせは

教育委員会こども室
TEL:0265-86-3111
<内線636,637,651>
FAX:0265-86-5596

いいっ子センターに遊びに来ませんか?

いいっ子センターは、地域に住む乳幼児や就学前の子どもとそのご家族の皆さんがいつでも気軽に利用できる場所です。

「安心して遊ぶことができる場所がほしい」

「同年代の子供と遊ばせたい」

「子育てのことで相談したい」などなど

 

子育て中の皆さんと一緒に

『楽しく遊び 語らい 共に悩みを考え支えあう』

そんな輪を広げていくお手伝いをしたいと思います。

お父さん、お母さん、子育てに協力されているおじいちゃん・おばあちゃん、ご家族の皆さんもぜひ、子どもさんと一緒に遊びに来てください。

 

♦いいっ子センターをご利用するときは

開所日  :月曜日~金曜日

開所時間 :<遊びの提供>午前9時00分~午後4時00分

      <相談時間> 午前8時30分~午後5時00分

休 日  :土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月28日~1月4日)

利用料  :無料(材料費は実費)

利用申込み:いいっ子センターで随時受付け

住 所  :飯島町飯島2485番地

電 話  :0265-86-8131

FAX  :0265-86-8132

 

いいっ子センターの主な活動をご案内します

節分の豆まき

夏まつり

 

♦施設の紹介

ランチスペース:

利用時間は11時半から1時です。机などの、片づけはみなさんで一緒に行ってください。おやつが必要な方も同様にお願いします。事故防止のため、食べ歩きや食べながら遊ぶことは止めましょう。ゴミは各自でお持ち帰りください。

授乳コーナー :

窓はマジックミラーになっています。カーテンを閉めてゆっくり授乳ができます。

ベッドスペース:

赤ちゃんをベッドに寝かすことができます。

ランチタイムの様子

 

♦遊び場の提供

いいっ子センターは『いいっ子広場』として、遊び場を提供しています。

室内には絵本、遊具やボールプール、室外のテラスには砂場や滑り台があります。

夏は水遊び、冬はクリスマスリース作りなど四季を通して、また天候を問わず親子で楽しむことができます。

保護者のみなさんのお友達作りの場でもあります。気軽にご利用ください。

※月2回七久保林業センターに出向いて、『おでかけ広場』も開いています。

 

♦講座・交流会の開催

育児・子育てに関する講座や、子育てに役立つ親子で楽しめる交流会を開催しています。

<活動内容>

救急救命のお話、パパ‘s絵本ライブ、わらべうたで遊ぼう、クリスマスリース作り、親子運動あそび、親子リトミック、ヨガ体操、与田切公園で遊ぼう、おしゃべり会、あそびの玉手箱、MMCコンサート、バイオリンとピアノのコンサート、お誕生日会、鬼の面作り、七夕の制作、ひなまつりの制作、お楽しみ会 など・・・

 

♦育児・子育て相談(子育て世代包括支援センターとしての窓口)

子育てで悩んでいること、困っていることなど、一人で悩んでいないでいいっ子センターにお話に来ませんか?電話・FAX・メールなどご都合のよい方法で声をお掛けください。

通常相談:

いいっ子センターの開所時間はいつでもご相談いただけます。

予約相談:

ご都合の良い日を予約ください。通常の開所日や開所時間内に都合がつかない場合は、時間外も対応します。

訪問相談:

相談室やセンターより、ご自宅での相談を希望される方は、遠慮なくお申し出ください。

移動相談室:

何人かで集まって相談や、子どものことについて話し合いたいという希望があれば、どこへでもお呼びください。

 

♦その他、子育てに関する各種相談について

平成29年度発行の乳幼児健診・育児相談年間予定表をご覧ください。

長野県の子育て相談―児童相談所のホームページをご覧ください。

これらをご参考にしてください。

 

♦子育て関連情報の提供

ファミリーサポートシステム、子育てサークル、施設の紹介など、適切な子育てに関する情報を提供しています。お気軽にお問い合わせください。

 

♦地域支援活動の実施

地域全体で子育ての環境向上を図るため、支援活動を行っているグループなどと連携をとりながら地域に出向いて、親子交流や子育てサークルへの活動など、地域の皆さんの活動を支援しています。

ブックスタート

◆ブックスタートとは

ブックスタートは、すべての赤ちゃんのまわりで楽しくあたたかいひとときが持たれる事を願い、一人ひとりの赤ちゃんに絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡す活動です。飯島町では、5ヶ月健診終了後にブックスタート(絵本のプレゼント)があります。

 

◆選定された本・選定理由

『どうぶつのおかあさん』

小森厚文 薮内正幸 絵 福音館書店

 

絵をかいた藪内さんは、動物たちの骨格をスケッチすることからはじめ、じっくりと生態を観察しました。

ひとふでひとふでていねいにかきあげた動物たちからは、ふわふわした感じや、ごわごわ感、ぬくもり、そして鼓動までが伝わってきます。

おかあさんといっしょ。こどもたちの表情は安心しきっています。

『くだもの』

平山和子 作 福音館書店

 

さあ、どうぞ。とさしだされた手から、わが子においしいものを手渡したいという親の思いが伝わってきます。

でてくるくだもの、衣服から季節の移り変わりが感じられ、さしだされるくだものの状態からは子どもの成長が読みとれます。

『いない いない ばあ』

松谷みよ子 文 瀬川康男 画 童心社

 

でてくる動物たちはみな、はじけるような笑顔。大きな目をまっすぐ私たちに向けて、目と目を合わせる大切さを伝えてきます。

おなじみのくりかえしのことばと、落ちついた色合いが心をなごませてくれます。

『がたん ごとん がたん ごとん』

安西水丸 作 福音館書店

 

駅に着くたびにお客さんをのせ、満員の汽車がわたしのところにやってきます。同じことばをくりかえしながら、次への期待にわくわくした気持ちをふくらめていきます。

心もからだも自然に動き出す、自分たちのリズムをみつけましょう。

『きんぎょが にげた』

五味太郎 作 福音館書店

 

一匹だけでいたきんぎょが金魚鉢からとびだし、家中のいろいろなところでかくれんぼ。「こんどは どこ。」と親子で絵さがしをたのしみながら、最後はにっこり、安心感と幸福感が味わえます。

『やさいの おなか』

きうちかつ 作 福音館書店

 

美しいもの、不思議なものは意外と身近なところにあるものです。見慣れたものも少し視点をかえてみるとまったく違ったものに変身します。

作者は、名前をあてることもですが、別なものをイメージする、ユニークな発想を大切にしてほしいと願っています。

三歳児子育て未来飛行

三歳児子育て未来飛行
  • 趣旨
    育児をされている保護者のみなさんと町長が懇談させていただいています。
  • 開催日程
    3歳児検診の実施日
  • 場所
    保健センター
ハッピーバースフラワー事業 ~花のある生活で、心豊かな子育てを~

飯島町では、3ヶ月児健診に合わせ、ハッピーバースフラワー事業として、飯島町産の花をプレゼントしています。

飯島町は自然も豊富ですが、県下でも有数の花作りが盛んな町で、「花の里」といわれる由縁はこのためです。ハッピーバースフラワー事業では飯島町の大地で育った花のうち、時期に合わせて一番良いものをプレゼントしています。

~プレゼントしたお花~

 

子育ては毎日地道な積み重ねです。家族がしっかりと結ばれていくことで小さな種が芽を出し、大きな花が咲き、実がなっていきます。飯島町では、みなさんの子育てを町中で応援しています。

病児・病後児保育

飯島町では、病気治療中または、回復期にあるお子さんを一時的にお預かりする「病児・病後児保育」を平成28年2月から実施します。

お子さんのお預かりは、まえやま内科胃腸科クリニックの「すずらん病児保育室」で行います。

 

◆どんな時に利用できるの?

お子さんが病気で集団保育等には不安があっても、保護者が仕事の都合等で看護できない時に利用できます。ただし、お子さんの症状や定員等受け入れの都合によりお預かりできない場合もあります。

 

◆利用できる子どもの条件は?

飯島町に住所のある、1歳から小学3年のお子さんで、保護者の就労等により家庭において保育を行うことが困難な場合です。

 

◆どうやって利用するの?

利用するには、以下の手順で手続きが必要です。

手続きに必要な書類

  • 利用登録申請書
  • 利用申請書(保護者からの連絡票 医師連絡票)
  1. 事前登録
    病児・病後児保育をされる方は、安全にお預かりするため事前に登録をお願いします。
    利用者登録申請書の提出は、町内保育園または又は飯島町教育委員会こども室へお願いします。
    ※利用申請登録書は、保育園、こども室に備え付けてあります。また、町ホームページからダウンロードできます。
  2. 予 約
    具合が悪く預けたいときは、かかりつけ医を受診して医師連絡票を発行してもらい、原則前日までに「すずらん病児保育室」にお電話ください。(医療機関により書類代として費用がかかる場合があります。)
  3. 利用当日
    利用当日に利用申請書と医師連絡票を一緒に「すずらん病児保育室」にお持ちくださいその他に持ち物があります。
  4. 支払い
    利用後、町から利用料の納付書をお送りします。金融機関等でお支払いください。
    (保育園在園児は無料です。)

病児・病後児保育ご案内はこちらをご覧ください

病児保育利用登録申請書はこちらから

病児保育利用申請書はこちらから

医師連絡票はこちらから

 

【病児・病後児保育に関するお問い合わせ】

飯島町教育委員会こども室

TEL:0265-86-6711

すずらん病後児保育室(まえやま内科胃腸科クリニック内)

TEL:0265-83-7433

子育てパラダイス

上へ戻る

上へ戻る

【飯島町役場】

〒399-3797長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地(法人番号 6000020203840)

TEL:0265-86-3111(代)FAX:0265-86-4395 e-mail:soumu@town.iijima.lg.jp

開庁日:月曜日から金曜日(祝日・休日・12月29日~1月3日を除く)

開庁時間:8時30分から17時15分