この夏を過ごすにあたってのお願い

更新日:2021年07月30日

現在、東京都を中心とする首都圏だけではなく、関西圏をはじめ全国の多くの地域で新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数が増加傾向となっており、感染力が強いと言われるデルタ株の置き換わりも進む中で、これまで経験したことのない感染拡大となっています。

県内においても、感染経路が県外と推定される事例のほか同居家族や知人の間での感染や感染経路不明の事例が多く確認されており、新規陽性者数は急増しています。

新たな人流の増加が見込まれる夏休み・お盆を迎えるなかで、この時期の過ごし方は、第5波の拡大を防ぎ、安心で元気な長野県を取り戻すために極めて重要です。

このため、7月22日から8月22日までを「感染対策強化期間」とします。

県民及び事業者の皆様には、この期間中、特に次の点についてのご協力をお願いいたします。

 

■ この夏を過ごすにあたってのお願い(7月20日改定)~第5波を防ぎ、安心で元気な長野県を取り戻しましょう~

https://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/kenko/kenko/kansensho/joho/chijimesse.html#renkyu(外部サイト)

ウイルス(デルタ株等)を県内に持ち込まないために

  • 信州への帰省及び県外への訪問については、この期間中はできるだけ控えてください。

県内で感染を広げないために

  • 基本的な感染防止対策を改めて徹底してください。
  • 人との接触機会をできるだけ少なくしてください。
  • 体調に異変を感じた場合(発熱やせき、のどの違和感や鼻水、だるさ、味覚・嗅覚の異常など)は、外出せず、速やかに医療機関に相談してください。
  • 普段会わない方との会食は控えてください。特に、同居のご家族以外で行う飲酒を伴う5人以上の会食については、感染対策の徹底が困難な場合には実施を控えてください。
  • 会議やイベントについては、小規模化・分散化・リモート化・短時間化を徹底してください。

安心で元気な長野県を取り戻すために(ワクチン接種について)

  • ワクチンの効果と副反応を知った上で、ワクチン接種をご検討ください。
  • 多くの人がワクチン接種を完了するまでには時間がかかることから、接種がお済みの方も含め、引き続き、感染対策の徹底をお願いします。

「思いやり」と「支え合い」で新型コロナを乗り越えましょう

  • 県外への訪問が必要な方や、様々な理由によりワクチン接種を受けることができない方もいます。差別や誹謗中傷は行わず、県民お一人おひとりが「思いやり」の心を持ち「支え合い」の輪を広げましょう。

相談窓口一覧

熱や倦怠感などの症状がある方の相談先

発熱等の症状がある方は、次の流れで相談・受診をお願いします。

いきなり医療機関を受診することは避けていただきますようお願いします。

  1. 外出せず、他の方との接触を避け、まずは、かかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話で相談してください。
  2. かかりつけ医、または身近な医療機関が休診の時は、休日緊急当番医へ電話で相談してください。
  3. 発熱等の症状がある方で相談する医療機関に迷う場合は「受診・相談センター(保健所)」に相談してください。

 

※休日当番医はこちら

受診・相談センター(保健所)

電話相談窓口:伊那保健福祉事務所(伊那保健所)

管轄市町村:伊那市、駒ケ根市、上伊那郡

連絡先電話番号:0265-76-6822(土日祝日24時間対応)

※聴覚に障がいのある方用 ファックス番号:026-403-0320

お困りごと相談センター

「どこに相談したらよいか分からない」「どんな支援があるか分からない」といった場合はご気軽にご相談ください。

連絡先電話番号:026-235-7077

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 危機管理係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ