行財政改革

更新日:2021年09月30日

行財政改革プラン

行財政改革プランは、総合計画に掲げた町の将来像の実現に向けて、必要な財源の確保等を図るための行動指針です。

令和3年度からスタートした第6次総合計画は、この行財政改革プランを含めた計画としており、総合計画の推進と合わせて一体的な行財政改革に取り組んでいくものとしています。

このことにより、多様化するさまざまな行政課題への対応が迫られる中、行政経営の簡素化、効率化を図りつつ、町の将来像の実現に向けて必要とするサービスの提供に繋げる、成果を重視した行政経営の確立を目指しています。

行政評価

行政評価は、政策・施策・事務事業に統一的な基準を設け、その有効性や妥当性、効率性など様々な視点から、目標の達成度や効果を客観的に検証し改善に導くための仕組みです。
飯島町では、事務事業を「評価」し「改善」を行うことにより、政策マネジメントサイクルを確立し、成果重視の行政経営を推進していきます。

また、評価結果は次の計画などに反映されます。

  1. 長期構想・中期総合計画等の進行管理
  2. 実施計画・予算編成へ反映

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課 企画調整係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ