国土調査

更新日:2020年04月01日

地籍調査

人には「戸籍」があるように、土地には「地籍」という土地に関しての記録があります。
地籍調査とは、一筆ごとの土地について、地番、地目、筆界、登記簿に記載された所有者に関する調査確認を行い、筆界に関する測量、面積測定後、その成果として、地図(地籍図)と簿冊(地籍簿)を作成する調査をいいます。
これらの成果の写しは、登記所へ送付され、登記簿の地目、面積等が書き換えられ、地籍図は公図(字切り図)に代わる地図として備えつけられます。

地籍調査の目的

現在利用されている公図(字切り図)は、測量技術の発達していなかった明治の初期に作られたものです。そのため、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であったりすることがあるので、より正確な土地の情報(地籍)を得るため地籍調査を行うのです。

地籍調査の効果

地籍調査は、登記に反映されるため、次のような効果があります。

  • 土地の権利の明確化や境界紛争の防止
  • 災害の復旧
  • 土地取引の円滑化
  • 公共事業の円滑化
  • 課税の適正化
  • まちづくり

その他詳細は国土交通省、国土地理院等のホームページを参考にしてください。(「地籍調査とは」で検索するとヒットします。)

地籍調査事業の流れ

国土調査成果の提供について

成果の提供

以下に該当する方へ成果の提供を行っています。

  • 土地所有者及び利害関係人
  • 関係行政機関
  • 工事施工者
  • 職務上測量及び境界確認等に携わる人
  • 職務上土地取引や建築確認申請に携わる人

地図(面積計算書及び座標リスト含む)の写しが必要な場合は、役場までお越しください。一筆400円で提供しております。尚、郵送やファックス等での提供は行っておりません。

調査区

飯島町の国土調査全体計画(平成21年4月現在)

事業名

国・県補助地籍調査事業

根拠法令

国土調査法、国土調査促進特別措置法

実施主体

飯島町

調査期間

平成6年度〜令和6年度(31調査区)

調査面積

約18.5平方キロメートル

推定事業費

580,000千円

補助率

  • 国50%
  • 県25%

担当課

建設水道課調査計画係

平成21年度調査地区

  • 田切3区(追引、春日平、陣場地区の一部)…20年度継続地区
  • 七久保6区(柏木、北村、北街道の一部) …21年度新規地区

平成20年度までに調査を完了した地区

  • 飯島1区 0.53平方キロメートル
  • 七久保1区 0.89平方キロメートル
  • 飯島2区 0.59平方キロメートル
  • 七久保2区 0.65平方キロメートル
  • 飯島3区 0.49平方キロメートル
  • 飯島4区 0.56平方キロメートル
  • 七久保3区 0.34平方キロメートル
  • 七久保4区 0.35平方キロメートル
  • 本郷1区 0.40平方キロメートル
  • 飯島5区 0.33平方キロメートル
  • 田切1区 0.43平方キロメートル
  • 七久保5区 0.45平方キロメートル
  • 本郷2区 0.50平方キロメートル
  • 田切2区 0.52平方キロメートル

合計:7.03平方キロメートル 進捗率:38.0%

年次予定及び全体計画図

現在、次期10ヵ年計画の策定時期になっております。
計画が確定しましたら掲載いたしますので暫くお待ちください。
尚、お急ぎの方は下記の情報元までお問合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道課 調査計画係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ