道路・河川

更新日:2020年06月16日

道路占用

道路占用とは

道路の地上又は地下に一定の工作物、物件又は施設を設けて継続的に使用することを「道路の占用」といいます。
道路を継続して使用し道路を占用する場合には、道路を管理している「道路管理者」の許可を受けなければなりません。(道路法第32条)
占用に当たっては、出入り口の幅の制限や掘削規制など一定の基準があります。

道路占用の例

  • 道路に看板や電柱を設置したい
  • 道路の地下に電気・電話・ガス・上下水道などの管路を埋設したい
  • 道路の側溝にグレーチングや蓋をして出入り口として使用したい
  • 道路の法面を埋めたり削って出入り口として使用したい
  • 道路の上空に日よけや看板などを突き出して設置したい

申請に必要な書類

  1. 道路道路占用許可申請書
  2. 位置図(1対50,000以上)
  3. 実測平面図(1対600以上)
  4. 実測縦横断図 横断(1対100) 縦断(1対100又は1対500)
  5. 公図写し
  6. 実測求積図
  7. 面積計算図
  8. 構造図
  9. 申請箇所の写真
  10. 地元区長、自治会長、及び隣接土地所有者の意見書(承諾書)
  11. 用水その他関係がある場合はその同意書

道路自営工事

道路自営工事とは

道路管理者以外の者が、道路工事をしようとするときは、事前に道路自営工事許可申請を行い、道路を管理している「道路管理者」の承認を受けなければなりません。(道路法第24条)
町と協議のうえ、承認された後に工事を実施してください。

道路自営工事の例

  • 道路のガードレールや縁石を除去して出入り口として使用したい
  • 道路の側溝を入替・新設したい
  • 法面を埋め立てたり、道路の舗装をしたい
  • ガードパイプの新設・撤去を行いたい

申請に必要な書類

  1. 位置図(1対50,000以上)
  2. 平面図(1対600以上)
  3. 縦横断図(1対600以上)
  4. 構造詳細図(1対600以上)
  5. 公図写
  6. 設計書及び仕様書(小規模工事は除く)
  7. 三斜丈量図(面積計算図)
  8. 工事設計書
  9. 現場写真(申請)
  10. 承諾書
  11. 意見書

河川占用

河川占有とは

河川の地上又は地下に一定の工作物、物件又は施設を設けて継続的に使用することを「河川の占用」といいます。
河川を継続して使用し河川を占用する場合には、河川を管理している「河川管理者」の許可を受けなければなりません。(河川法第23条〜27条)
準用河川・普通河川については町で許可を行います。
占用に当たっては一定の基準があります。

河川占用の例

  • 河川に出入り口として橋を架けたい
  • 河川の地下に電気・電話・ガス・上下水道などの管路を埋設したい

申請に必要な書類

  1. 河川占用許可申請書
  2. 位置図(1対50,000以上)
  3. 実測平面図(1対600以上)
  4. 実測縦横断図 [横断(1対100)/縦断(1対100又は1対500)]
  5. 公図写し
  6. 実測求積図
  7. 面積計算図
  8. 構造図
  9. 申請箇所の写真
  10. 地元区長、耕地総代、及び隣接土地所有者の意見書(承諾書)
  11. 用水その他関係がある場合はその同意書

境界確認

境界確認とは

土地の売買、地籍更正、分筆などを行う際に、飯島町が管理する道路や河川が土地に接していて、その境界を明確にしたいとき、現地立会いのうえで境界を確認します。
申請にあたっては、現地の測量等が必要となりますので、申請地所有者の代理人として、土地家屋調査士等の測量及び登記の資格を持つ方に依頼してください。

境界確認の例

  • 家を建て替える際、道路(河川)との境界をはっきりさせたい
  • 敷地面積を確認し、境界杭を設置したい

申請に必要な書類

  1. 官民境界確認申請書
  2. 官民境界確認結果書
  3. 位置図(1対50,000以上)
  4. 公図写し
  5. 実測図
  6. 申請箇所の写真
  7. 登記全部事項証明書

橋梁長寿命化修繕計画

飯島町が管理する橋は平成24年12月現在129橋あります。建設後50年を経過する橋梁は現在少ないですが、今後老朽化する橋梁は増加する見込みです。

橋梁の寿命を延ばし、橋梁の修繕や架け替えに係る費用を縮減することを目的に、橋梁の点検を行い、橋梁の今後の維持管理における方針や、修繕への取り組みについての橋梁長寿命化計画を策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道課 建設係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ