油漏れにご注意ください

更新日:2020年04月01日

暖房を使う機会が増えると、一般家庭や事業用のタンクから燃料が漏れだし、河川や用水路等に流出する事故が発生する危険性が高まります。
今一度タンク・配管等の管理、点検をお願いします。

タンク・配管等の管理の注意点

  • 暖房機を使用しない時は元バルブを閉めておく。
  • タンクの脚をしっかりと固定する。
  • タンクおよび配管の腐食防止のため、塗装を定期的に実施する。
  • 配管、フレキシブルホース等に損傷、腐食があれば取り換える。
  • 配管近くで耕運作業を行う際は十分注意する。

防油堤の管理の注意点

  • 防油堤に亀裂、損傷がないか確認する。
  • 防油堤内の雨水は随時排出する。
  • 水抜口に弁を設け、常時は閉めておく。
  • 防油堤内に不要なものを置かない。

万が一、事故が起こってしまった場合、事故処理費は原因者負担になってしまいます。事故を起こさないよう十分注意しましょう。

また、河川や用水路に油が浮いているのを見かけた場合は、下記の問合せ先までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 危機管理係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ