南信地域町村交通災害共済

更新日:2021年10月19日

南信地域町村交通災害共済とは、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡の町村で組合を組織し、運営されている交通災害共済です。万が一自動車事故などの交通災害にあわれたときに見舞金をお支払いする、住民の皆さんと町村が一体となって助け合うことを目的とした共済制度です。

お申し込み手続き

持ち物

  • 加入申込書兼台帳
  • 申し込む人数分の掛金

お申込み方法

加入申込書は、自治会から、または郵送でお届けします。同封書類をご確認いただき、持ち物を確認の上、役場2階総務課へご持参してください。加入申込書が届かない場合は、担当までお問い合わせください。

南信地域町村交通災害共済の内容

加入できる方

現在飯島町に住民登録されている方
(扶養されている方が、学業等のため、自宅を離れている場合も加入できます。)

掛金

1人につき年額200円(途中加入は一ヶ月一人20円から)

共済責任期間

毎年12月1日~1年間

対象となる事故

日本国内で自動車・自動二輪車(バイク)・電車・バス等に乗っていて衝突、転落などによる事故にあった場合。または歩行中にこれらの車両による事故にあった場合。

対象外の事故

飲酒運転、居眠り運転、無免許運転等の故意の事故など、加入者に著しい過失があった場合。

事故が発生したら

万が一、交通事故にあってしまった場合は、所定の用紙に自動車安全運転センターの交通事故証明書・医師の診断書を添えて、事故の日から1年以内に役場の総務課危機管理係まで共済の請求の届出をして下さい。
(1年を経過していまうと、見舞金の支給ができなくなります。)

死亡見舞金

  • 事故の日から1年以内に死亡 2,000,000円

傷害見舞金を受領している場合はその差額

傷害見舞金

  • 入院又はギブス(自分で取り外すことができないもの)による固定期間が2日以上
  • 通院治療実日数が3日以上

入院又はギブス固定期間 1日 2,000円
通院日 1日 500円
基礎見舞金 20,000円
以上の合計額で、限度額 200,000円

同一共済期間内に2回以上の交通事故により見舞金を請求しようとするときは、通算して200,000円が限度
(注意)入院と通院の両方がある場合は、いずれか一方の要件を充足

傷害後遺障がい見舞金見舞金

  • 身体障がい者1・2級又は医師が植物症と診断したとき 400,000円
  • 身体障がい者3級 300,000円

付加見舞金

  • 警察の人身事故証明の証本 540円
  • 警察の物損事故証明の正本と、救急車の出動証明の正本 540円
  • 診断書の正本 1,500円
  • 診断書の正本と、診断書料領収書の正本 実費

付加見舞金は、他の見舞金の受領の有無に関係なく支払う

診断書の実費には、複数の診断書の正本と、その領収書の正本が提出されたときは、その領収額の合計額の支払いを含む

  • (注意1)この表の見舞金の額のうち、死亡見舞金・傷害見舞金・後遺障がい見舞金は、交通事故証明が人身事故の扱いであるもの、または同証明が物件扱いであり、かつ救急車の出動証明等が添付されているものに限ります。
  • (注意2)警察の交通事故証明がない場合、あるいは物件証明のみで救急車の出動証明がない場合は所属町村長の事故証明とし、見舞金は正規の見舞金の算出方法により算出された額の半額となります。
  • (注意3)付加見舞金の支払い要件の欄は、見舞金請求に添付される書類です。
  • (注意4)令和2年4月1日から自転車の自損事故が見舞金の対象になりました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 危機管理係

〒399-3797 長野県上伊那郡飯島町飯島2537番地
電話番号:0265-86-3111(代)
ファックス:0265-86-4395
メールフォームによるお問い合わせ